HOME > ご家庭用のお客さま > 安全対策 > 安全にお使いいただくために

安全にお使いいただくために

LPガスに合ったガス機器をお使いください

LPガスには、必ずLPガス用のガス機器をご使用ください。LPガス用以外のガス機器を使用すると正常な燃焼をせず、一酸化炭素(CO)が発生して中毒等の原因になります。

ガス機器のラベルをご確認ください

ガス機器のラベルをご確認ください

  • ※都市ガス用器具はご使用になれません。
  • ※LPガス用器具は全国共通です。

こんな時は、各支社・カスタマーステーションまでご連絡ください

新しくガス機器を取り付けるとき、または取りはずすとき

ガス機器に不具合が生じたとき

ストーブなどの季節的機器で、取り付け、取りはずしが困難なとき

ご質問・お問い合せは
お近くの各支社・カスタマーステーションへご連絡ください。

各支社・カスタマーステーションを探す

ガス機器を使う時は、次のチェックをお忘れなく

LPガスをより安全にご使用いただくため、日ごろのチェックにご協力ください。

換気はしっかり忘れずに

室内でガス器具を使用するときは換気扇を回したり、ときどき窓を開けるなどして、換気を心がけてください。

  • 換気はしっかり忘れずに
  • 換気はしっかり忘れずに

点火・消火は目で確認

ガス器具への点火・消火時は目で確認するようにしてください。ガス器具のそばには燃えやすいものを置かないように、また、ガスの使用中はその場をはなれないようにしてください。

  • 点火・消火は目で確認
  • 点火・消火は目で確認

青い炎でご使用を

ガスの炎は、必ず“青い炎”でご使用ください。
赤っぽい炎は、不完全燃焼をしています。

正常な炎(完全燃焼)
<青い炎>
正常な炎 (完全燃焼)


<オレンジの炎>
酸素不足 (不完全燃焼)

ガス栓・器具栓のチェック

お休み前やお出かけになるときは、ガス栓や器具栓が閉まっているかご確認ください。使っていないガス栓には、必ずゴムキャップをつけてください。

ゴム管のチェック

ゴム管はときどき点検し、ひび割れやかたくなったものは早めにお取り替えください。

  • ゴム管のチェック
  • ゴム管のチェック

自然排気式(煙突の付いたもの)のふろがまをご使用の方に。

自然排気式のふろがまを使用するときは、換気扇を使用しないでください。
(気圧の変化により排ガスが逆流して一酸化炭素(CO)中毒を起こすことがあります)
また排気筒トップが鳥の巣でふさがれないよう金網などで防鳥処置をしてください。

自然排気式(煙突の付いたもの)のふろがまをご使用の方に

ガス栓のチェック

ガス栓は、使用時には全開で、使用後には完全に閉止してください。

  • ガス栓のチェック
  • 寝る前に全閉を確認。

安全装置が機能した際に再点火を繰り返さないでください。

安全装置が機能した際に再点火を繰り返さないでください。
小型湯沸器をご使用中、火が消える場合は安全装置が作動している可能性があります。不完全燃焼による一酸化炭素中毒の恐れがあるため、ただちに使用を中止してください。
また小型湯沸器は長時間使用しないでください。(小型湯沸器をシャワーお風呂、洗濯機への給湯に使わないでください。)

安全装置が機能した際に再点火を繰り返さないでください

ガス器具はこまめにお手入れを

ガスコンロ

ガスコンロの目づまりなどは、不完全燃焼の原因となります。器具ブラシなどでときどき掃除してください。
※ガス器具のお手入れで、ネジなどを取りはずす必要がある場合は、必ず東京ガスエネルギー各支社・カスタマーステーションにご連絡ください。

ガスコンロの目づまりなどは、不完全燃焼の原因となります。

ガス小型湯沸器

熱交換機の目詰まりなどが、不完全燃焼の原因になることがあります。ときどき上部(防熱板の下)に汚れや詰まりがないかチェックしてください。使用中にたびたび火が消える場合は、当社の窓口に点検・修理のお申込みをご連絡ください。

ガスファンヒーター、ガス衣類乾燥機など

フィルターが目詰まりを起こさないよう、ときどきフィルターを掃除機などでお掃除をしてください。

ときどきフィルターを掃除機などでお掃除をしてください。

バスルームのチェック

排気筒に鳥が巣をつくったり、異物がつまったりすることがあります。また、排気筒がはずれていないかなど、ときどきチェックしてください。

Copyright © Tokyo Gas Energy Co., Ltd. All rights reserved.